テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま政治は】
サイバー犯罪との戦い・日本人ホワイトハッカーが] (3件/週)

04/22 21:36 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
国際サイバー犯罪に詳しい専門家は、コンピューターウイルス・エモテットが制圧されても、犯罪を主導している黒幕は今後も活動を続けると見ている。
日本ブルーフポイント・増田幸美は「役割が細分化されている。
捕まるのは主犯格でない人」と語った。
これからも続くウイルスとの戦い。
エモテットと戦ったホワイトハッカー・笹田修平は「ウイルスメールを開いてしまった人の中に、責任を追及され退職に追い込まれた人もいたと知り、強い憤りを感じた」という。
ホワイトハッカー・佐條研も「サイバー犯罪に立ち向かっていくうえで情報共有こそが大きな武器になる」という。
専門家は、最近では国際的なサイバー犯罪のグループが、外国の政府や軍と連携するケースも見られると話している。

04/22 21:30 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
コンピューターウイルス・エモテットの特徴の一つは並外れた感染力の強さ。
攻撃者はメールの添付ファイルを通じてエモテットを送りつける。
感染するとエモテットは、端末内の連絡先を盗み取り、次々とほかの端末へ偽のメールを送信。
感染を広げていく。
感染した端末にはセキュリティーに穴が開く。
攻撃者はその穴を通じて銀行口座のパスワードを狙うウイルスなど、さまざまな悪質なウイルスを自由に送り込むことができる。
返信を装ってウイルス付きのメールが送られてくるのがエモテットの特徴。
関西の菓子メーカーの代表。
社員の1人が偽メールにだまされエモテットに感染。
メーカーからの発信を装ったウイルス付きのメールが顧客などのもとに次々と送りつけられた。
代表は「お叱りがものすごく多かった。
最寄りの警察に連絡したところ、“外国から発信。
捜査権の関係で追えない”と。
どうすればいいんだろう」と語った。
ホワイトハッカー・佐條研のコメント。

04/22 21:29 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
4歳の息子を保育園に送るのが日課だという佐條研は、コンピューターウイルス・エモテットと戦ってきた8人の日本人のうちの1人。
情報セキュリティーの団体に勤めるかたわらコンピューターの知識を善良な目的に使うホワイトハッカーとしてボランティアで活動。
2年前、欧米で確認されていたエモテットが、日本国内にも流行し始めていることをいち早くつかんだ。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.