テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる話題】
新型コロナウイルス] (502件/週)

【注目】眞子さまと小室さん結婚へ 午後会見 ほか(2021年10月26日)(再生)

北京五輪も「バブル方式」で感染対策 「プレイブック」初版発表(再生)

各地で徐々に日常が・・・約1年ぶり“時短”全面解除(2021年10月25日)(再生)

10/26 14:47 BS1 【ワールドニュース アジア】
北京の状況。
昨日午後3時までに北京で新たに新型コロナウイルスの症状のある感染者2人と無症状感染者1人が確認された。
症状のある2人は夫婦で内モンゴル自治区エジンキへの旅行歴がある。
濃厚接触者の追跡のほか、関連地区での封鎖管理などを行っている。

10/26 14:45 BS1 【ワールドニュース アジア】
内モンゴル自治区できのうの朝7時までに62人が市中感染で新型コロナウイルスに感染したと確認された。
感染状況が最も深刻なエジンキは住民全員を対象に4回目のPCR検査を始めた。
絵神機はすべての住民と観光客に自宅隔離を求めるなど感染対策を強化している。
エジンキにある物流センターでは急ピッチで積み下ろし作業が行われている。
基本的な医療物資と生活物資の供給を担っていて、地元住民の日常生活の確保にも努めている。
白菜、ジャガイモ、マスクに言及。

10/26 14:00 TBSテレビ 【報道特別番組「眞子さま結婚SP」】
小室眞子さんと圭さんが会見を行った。
小室眞子さんは「皇族としての仕事を大切に果たそうと努めてきた。
全ての方々に心から感謝申し上げる。
私と圭さんの結婚について様々な考え方がある。
私にとって圭さんはかけがえのない存在。
婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはない。
圭さんの留学に際しては海外に拠点を作るようお願いした。
一方的な憶測が流れるたび恐怖心を覚えつらく悲しい思いだった。
より多くの人が心を大切に守りながら生きていける社会を」、小室圭さんは「私は眞子さんを愛している。
一度きりの人生を共に過ごしたい。
周りで支えてくださった方に心から感謝。
母との金銭トラブルは公表した文書の通り。
母は精神的な不調を抱えている。
元婚約者と会うのは医師が止めた。
解決金を受け取っていただきたいという気持ちは変わっていない。
身の危険を感じながら過ごしている。
支えてくれた多くの方々に感謝。
幸せなときもそうでないときも寄り添え合えるかけがえのない存在」と述べた。
2017年の金銭トラブル報道以降の圭さんの対応は2019年1月、「すべて解決済み」という文書をA4用紙1枚で公表。
今年4月、「誤った情報をできる限り訂正」という文書をA4用紙28枚で公表。
新型コロナウイルス感染症に言及。

10/26 12:56 BS1 【BSニュース】
ノーベル賞の授賞式は例年12月10日に開催されるが、スウェーデン・ストックホルムで開催する物理学賞など5部門の受賞者は新型コロナウイルスの感染状況を考慮して去年に引き続き居住国でメダルや賞状を受け取ることになっている。
一方、平和賞の授賞式についてノルウェーの委員会は首都オスロの市庁舎で対面で行うと25日発表。
去年はウイルスの感染拡大の影響でオンラインで開催。
今年の平和賞にはフィリピン・インターネットメディア・マリアレッサ代表、ロシアの新聞・ドミトリームラートフ編集長が選ばれている。
レッサは去年記事が名誉棄損にあたるとしてフィリピンの裁判所で有罪判決を受け外国への渡航を何度も却下されているが、ノルウェーの委員会はレッサとムラートフの式典出席を期待するとしている。

10/26 12:46 BS1 【ワールドニュース】
スペイン・カタルーニャ地方では、新型コロナウイルスの感染拡大で中止されていた人間ピラミッドが再開。
参加者は、マスク着用とワクチン接種が義務付けられている。
この伝統は、ユネスコの無形文化遺産。

10/26 12:36 BS1 【ワールドニュース】
この秋、新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念されている。
フランスは、英国よりは落ち着いている。
ドイツも拡大傾向。
ロシアでは1日の死者が1000人に達し、再び行動規制となる。
ロシアの感染拡大の状況をリポート。
ワクチンを2回接種したのは30%に過ぎない。
行動規制では、60歳以上が外出を制限される。
ワクチン接種が進んでいる国では外出制限はされていない。
英国・ジョンソン首相は「感染拡大は想定内」と話した。

10/26 11:56 BS1 【BSニュース】
地球温暖化の原因となる二酸化炭素など3種類(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素)の温室効果ガスの世界の濃度が、去年観測史上最も高くなったことが分かった。
WMOが去年のデータを解析し、結果を報告。
新型コロナウイルスの感染拡大で化石燃料に由来する排出量が減少したにも関わらず、全体としては温室効果ガスの増加に歯止めがかからない状況が、改めて浮き彫りになった。
解析にかかわった気象庁は「地球温暖化が続けば日照りによる干ばつや大雨による災害などの頻度が高まると考えられ、事態は深刻だ。
増え続ける温室効果ガスを減らすためには、より長期的な視点で対策を講じる必要がある」としている。
WMO本部(スイス・ジュネーブ)の映像。

10/26 11:40 フジテレビ 【FNN Live News days】
あすで開幕まで100日となる北京オリンピックを前に中国で新型コロナウイルスの感染が広がり、中国政府は警戒を強めている。
中国では「ゼロコロナ」を掲げ感染を抑え込んでいたが、衛生当局によると今月17日以降中国国内で200人以上の感染者が確認された。
感染者が見つかった地域では大規模なPCR検査が実施されているほか、一部の観光名所が閉鎖されている。
今月末に開催予定だった北京マラソンも延期にするなど、中国政府はさらなる感染拡大に警戒を強めている。
中国・北京市昌平区、貴州省の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.