テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【食と健康】
幻の食材] (2件/週)

03/15 05:55 日本テレビ 【ZIP!】
今年1月、三重県鳥羽市で見つかった常識を覆す目が右についた右ヒラメ。
ところでこの右ヒラメは今どこにいるのか。
“発見された漁協で大切に保管されている”と思いきや、鳥羽磯部漁協・久保田正志は「しめた後に気づいたので、普通に出荷されていきました」という。
さらに「しめる前の生きた状態だったらすごく面白いので、(水族館に)展示用に持っていったら面白かったと思いますが…」と話す。
そこで、右ヒラメの行方を追跡してみると、漁協から車で5分ほどの意外にも近くの店「鳥羽マルシェ」に出荷されていた。
「鳥羽マルシェ」は鳥羽市の特産品を販売する店で、“右ヒラメはどこにいるのか?”店内を探してみると、鮮魚コーナーにはヒラメが販売されていたが、そこにあったのは目が左についた一般的なヒラメばかりだった。
右ヒラメの行方を担当者に聞いてみると、鳥羽マルシェ鮮魚担当・濱野正輝は「切り身の形にして、右も左も分からない形でパックにして出させてもらいました」という。
結局、誰が買ったのかは分からないままで、濱野正輝は「(右ヒラメは)食べたことはないですね。
もしも数が出るようであれば、今後食べてみたい」という。
鮮魚担当も食べたことがないという、まさに幻の右ヒラメだった。
左カレイに言及。
三重・鳥羽市、目が右側についているヒラメ、鳥羽マルシェの映像。
提供:鳥羽磯部漁協。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.