テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【食と健康】
幻の食材] (9件/週)

12/17 04:46 TBSテレビ 【はやドキ!】
市場にほとんど出回ることのない「幻の大根(三浦大根)」を取材。
値段も高く、お正月には1本1000円近くになることも。
神奈川・三浦市は大根の生産量が市町村別で日本一。
沢庵を作る「天日干し」は冬の風物詩にもなっている。
大根農家・川島義徳を訪ねる。
「三浦大根は大根であって大根でない」と言う。
大根の収穫体験。
獲れたての三浦大根を試食。
梨のように甘い。
三浦大根のおいしさの秘密について言及。
日が良く当たる。
また、三崎のマグロも肥料に使用しているためリン酸を多く含み、大根のうま味を増している。
日本料理店「三崎港・蔵」でおでんの作り方を教えてもらう。
店長・福本啓太のコメント。

12/16 16:37 NHK総合・東京 【NHKスペシャル選 大アマゾン・最後の秘境】
別の村から新たな巨大ザルの目撃情報が飛び込んできた。
目撃者は「顔がとても赤い」と説明。
早速現場の森へ。
ガイドがサルの痕跡(果物の食べかす)を見つけた。
木の上に、真っ赤な顔と黒々とした毛のサルを発見。
たくましい腕を持ち、尻尾は足より太い。
背丈は130cmはありそうだ。
ガイドは「こんな大きくて尻尾の太いサルは初めて見た」と話す。
サルの立ち姿はモノスとよく似ていた。
帰国後、取材班は映像を専門家に確認してもらった。
結果は新種の巨大ザルではなく、クロクモザルだとわかった。
だがここまで大きな個体は珍しく、極めて貴重な映像だという。
取材班がアマゾンで見たのは、驚くほど多様で強烈な個性を発するサルたちの姿だった。
映像には、おととし新種として報告されたばかりのサル「サキ」も映っていた。
テレビカメラが初めてとらえた映像だ。
森に仕掛けた無人カメラは、今もまわり続けている。
最新の映像には、これまで見たことのない奇妙なサルが映っていた。

12/16 16:27 NHK総合・東京 【NHKスペシャル選 大アマゾン・最後の秘境】
アマゾンに再び雨季がやってきた。
取材班は前回と同じ森にベースキャンプを設営、長期戦覚悟で撮影を目指す。
この森を知り尽くすジャクソンアラウージョから、巨大ザルが集まる特別な場所についての情報も入手した。
森を歩くこと1時間、泥の地面が現れた。
ジャクソンはここで、3か月ほど前に4回巨大ザルを見たそうだ。
泥を食べに動物たちが集まるという。
泥に含まれる塩分などをとっていると考えられている。
こうした場所は「塩場」と呼ばれ、動物がミネラルを補給するための欠かせない場所だ。
取材班はここに、無人カメラを5台取り付けることにした。
さらに今回は複数のチームに分かれ、別々の作戦で探索に挑む。
水に浮く撮影台を、巨大ザルが好むという果物の木の近くに設置、待ち伏せする。
カヌー部隊は川や浸水林を縦横無尽に動き回り、サルを探す。
移動距離は1日20km。
ジャングルを歩く徒歩部は、目撃情報があればどこにでも急行する。
ジャクソンアラウージョのコメント。
撮影地・ペルー。

12/16 16:06 NHK総合・東京 【NHKスペシャル選 大アマゾン・最後の秘境】
数日後、果物を目当てにホエザルがやってきた。
種の周りの果肉だけこそげ取る。
次に来たのは、白い体に真っ赤な顔のシロウアカリ。
健康な個体ほど顔色が鮮やかで、異性からもてるという説がある。
果物の種を好んで食べる。
額の上のふくらみには、種を噛み砕く筋肉が詰まっている。
体の大きさはネコほど。
もっと大きなサルを狙い、取材班はさらに奥地へ。
ハイイロウーリーモンキーを発見。
子犬のような鳴き声を出す。
ゴリラのような印象のサルだ。
シルバ博士は「ウーリーモンキーがアマゾン最大級のサル。
大人の体重は10~12kg」と説明。

12/16 16:02 NHK総合・東京 【NHKスペシャル選 大アマゾン・最後の秘境】
取材班は、サルの種類が特に多い地域「マミラワ自然保護区」へ。
サルを研究するマミラワ研究所のフィリッペシルバ博士の協力を仰いだ。
季節は、サルが好む果物が最も実る雨季。
地面が水没して「浸水林」となっていた。
アマゾン最強の肉食獣・ジャガーと遭遇。
雨季には地面が歩けないので、狩りも睡眠も木の上で行う。
次にアカホエザルを発見。
吠え声は5km先にも届くという。
体の大きさは柴犬ほど。
大木の上の観察台で1日過ごすことに。
観察台の広さは2畳ほど。
マミラワ自然保護区の映像。
フィリッペシルバ博士のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.