テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【食と健康】
長寿の秘訣] (3件/週)

06/24 17:37 BSジャパン 【未来世紀ジパング】
平均寿命:男性1位・滋賀、2位・長野、3位・京都、女性1位・長野、2位・岡山、3位・島根。
1832年創業「萬年屋」の“幻の製法”で作られている味噌の紹介。
日本最古約1300年前の製法「味噌玉作り」。
菌や酵母の量が通常の数百倍となる。
がんや脳卒中の予防効果があることも明らかになっている。
長野の長寿には1980年代の減塩運動が大きな役割を果たしていた。
長野・北安曇郡・松川村は男性長寿日本一の村。
郷土料理「しょうゆの実」の紹介。
長寿の秘密は発酵食。
萬年屋・今井誠一郎社長が「酪酸菌が多く含まれている」と述べた。
免疫力、チーズに言及。

06/24 17:31 BSジャパン 【未来世紀ジパング】
イタリア・チレント・アッチャローリ村は90歳以上が1割を超え、奇跡の村といわれている。
長寿の秘訣は青魚。
毎日食卓に並ぶという。
また、水牛のモッツァレラチーズもよく食べられている。
地中海式料理に欠かせないのはオリーブオイル。
オレイン酸はアルツハイマー病の予防に効果があると言われている。
ジュゼッペスカラーノ医師が「長寿の食は地中海式料理」、ステファノピサーニ村長は「介護などもほとんど必要ない」と述べた。
野菜、ワイン、トマトに言及。
Google。

06/21 05:13 NHK総合・東京 【おはよう日本】
医療の新たな可能性が期待されているiPS細胞、実用化に向けた課題の克服につながる研究が今、ハダカデバネズミを使って行なわれている。
特徴は寿命の長さ、平均30年、一般的なネズミの10倍以上も生きる。
飼育されている熊本大学、最大1500匹を飼育できる世界最大級の繁殖施設を整備している。
熊本大学・老化健康寿命学分野・三浦恭子准教授、ハダカデバネズミの長寿の秘密を解き明かそうとしている。
恩師はノーベル賞を受賞した山中伸弥教授、iPS細胞の研究に取り組んできた。
先月、健康長寿をテーマにした後援会が熊本大学で開かれ、三浦准教授が登壇、今後の研究目標を語った。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.