テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【ショッピング】
新商品情報] (16件/週)

中谷美紀、黒のキャミワンピで“大人の魅力” 新商品のプロデュースも 「TV&MOVIE」新商品&新CM発表会(再生)

池田美優「色見が可愛い」ファミマ新作フラッペを試飲 「FAMIMA CAFE」新作フラッペ新CM発表会1(再生)

久保田紗友、今春高校卒業で“新社会人”に 「フレッシュな気持ちで活躍したい」 「お~いお茶 新緑」新CM発表会2(再生)

04/25 09:38 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
娘・里彩のコメント。
新商品の「鞆の浦サイダー」、「保命酒せんべい」「鯛塩らーめん」「甘酒」など新商品を次々に出した。
お店は観光客で大賑わいとなった。
入江孝子は嫌だった家業も今では「楽しい」とする。
「入江豊三郎本店」・六代目・入江孝子のコメント。
スタジオで「保命酒」「鞆の浦サイダー」、「保命酒せんべい」「鯛塩らーめん」「甘酒」「保命酒のど飴」を紹介。
女神の一言「嫌なことでも必死にやればきっと好きになります!」。

04/25 09:13 TBSテレビ 【ビビット】
激安を武器に急成長し続ける注目の企業「業務スーパー」の裏側に潜入。
最近は仕入れ価格が急上昇し安さの維持が困難なため大業務スーパーは大胆な戦略に打って出た。
業務スーパー・安さの秘密2:豆腐工場でケーキ作り!?。
番組取材班はリッチチーズケーキを試食。
しかしケーキの入った容器はなんと豆腐と同じもの。
秘密を探るため製造工場を訪問。
新商品開発には多額の資金が必要になるが豆腐工場の生産ラインでケーキを作り大幅な経費削減に成功。
浮いた資金を材料費に投入したところ味が大好評。
抹茶味とショコラ味も加わり全国で1日・3500個販売する看板商品になった。
他にも総菜のパッケージが同じ、調味料の容器が同じ、ジュースの紙パック容器にようかんを入れて販売。
牛乳パックを使ったアイデア商品でマンゴープリンやレアチーズケーキなど全10種類ある。
全国で1日・1万2000本販売。
人気ぶりから商品を模した宣伝カーまで作られた。
仕入れ販売だけでなく工場で加工までする業務スーパーの企業努力により実現する激安価格を客は大絶賛。
さらなる安さを求め大規模な挑戦をスタートしている。
兵庫・姫路市の映像。
広報・花房篤史、工場長・松田良平のコメント。
ダイビングインストラクター、主婦、料理人、居酒屋、もやしの記載。

04/25 07:56 テレビ朝日 【グッド!モーニング】
きょうのキーワード「ビール新時代」。
ビール市場はピーク時の3/4に縮小。
今月1日、ビールの定義が110年ぶりに変更。
麦芽67%以上がビールとされていたが50%以上に、米や麦などに限っていた副原料がハーブ・果実・味噌・かつお節などもOKになった。
アサヒビールはレモングラスを使った「アサヒグランマイルド」、キリンビールは「グランドキリンひこうき雲と私レモン篇」、サントリービールは「海の向こうのビアレシピ(オレンジピールのさわやかビール)」を発売。
アサヒビール・平野伸一社長は「各社が一斉に新商品を出せば市場が活性化する」と期待を込めている。
かつてスーパードライの発売をきっかけに市場が5割拡大したこともある。
ビール業界は“若者のビール離れ”など苦しい環境。
新商品の開発は極めて重要。
キリンビール工場、「SORRY UMAMI IPA」(ヤッホーブルーイング)の映像。

04/24 23:15 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
ニユートーキヨービヤホール数寄屋橋本店では、ビールの値上げは行わなかったが将来的な値上げは避けられないと見てを高付加価値化に力を入れる。
その戦略の下、夏の新商品となるオリジナルクラフトビール「プレミアムデゥンケル」を発表した。
価格は1杯648円。
さらに通常のビールの味を更に良くする200リットルの樽を用意した。
これは大型の冷蔵室を完備し、一日に130リットル近くのビールが出るビヤホールだからこそ導入できたとのこと。
またニユートーキヨーではビールに使うグラスやジョッキは料理の皿などとは一緒に洗わないため油汚れがグラスに残る事がなく、クリーミーな泡を味わう事ができる。
さらに今回のビールに合う新たなメニューも開発。
高付加価値戦略を進め、今後の材料費高騰や輸送費上昇に対応したい考え。
ニユートーキヨー・森一憲社長のコメント。
東京・中央区の映像。

04/24 23:15 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
ニユートーキヨービヤホール数寄屋橋本店では、ビールの値上げは行わなかったが将来的な値上げは避けられないと見てを高付加価値化に力を入れる。
その戦略の下、夏の新商品となるオリジナルクラフトビール「プレミアムデゥンケル」を発表した。
価格は1杯648円。
さらに通常のビールの味を更に良くする200リットルの樽を用意した。
これは大型の冷蔵室を完備し、一日に130リットル近くのビールが出るビヤホールだからこそ導入できたとのこと。
またニユートーキヨーではビールに使うグラスやジョッキは料理の皿などとは一緒に洗わないため油汚れがグラスに残る事がなく、クリーミーな泡を味わう事ができる。
さらに今回のビールに合う新たなメニューも開発。
高付加価値戦略を進め、今後の材料費高騰や輸送費上昇に対応したい考え。
ニユートーキヨー・森一憲社長のコメント。
東京・中央区の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.