テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる話題】
大谷翔平] (40件/週)

01/29 05:51 日本テレビ 【ズームイン!!サタデー】
エンゼルス・大谷翔平は「この度バンテリンのテレビCMに出演することになりました」。
撮影現場で素振りを披露。
CMの見どころについて「打ったり投げたりしているところは見て欲しいかなと思う」。
CMは今春放映予定。
CMメイキングの映像。

01/29 05:49 日本テレビ 【ズームイン!!サタデー】
サンケイスポーツ。
選抜高校野球の出場が決定。
注目選手は花巻東・佐々木麟太郎。
1年生ですでに通算50本塁打。
身長、体重。
佐々木は花巻の佐々木監督の長男。
麟太郎は菊池雄星を見て「本気で野球をやりたい」と思ったという。
岡本和真、大谷翔平、菊池雄星に言及。

01/29 00:12 日本テレビ 【news zero】
3月18日に開幕する春のセンバツ高校野球。
春3度の優勝を誇る名門・大阪桐蔭など出場全32校が決定した。
注目は花巻東高校の怪物1年生。
大谷翔平を育てた佐々木洋監督の息子、佐々木麟太郎。
183cm、117kgと恵まれた体格で1年生ながらすでに高校通算50本のホームラン。
ひとたび試合に出れば多くのスカウトが見守るほどの逸材。
そして、21世紀枠には選手13人の福島只見など3校が初出場となった。

01/28 23:58 TBSテレビ 【news23】
3月18日に開幕する春の選抜高校野球出場32校が発表された。
エンゼルス・大谷翔平の母校・花巻東(岩手)、東京都大会優勝・国学院久我山(東京)、倒壊大会優勝・日大三島(静岡)、明治神宮杯優勝・大阪桐蔭(大阪)。
広島県勢は広陵と広島商で両校の同時出場は20年ぶり。
奄美大島の県立高校・大島(鹿児島)、県大会ベスト8・只見(福島)。
組み合わせ抽選は3月4日。
21世紀枠:只見(福島)は部員15人、豪雪地帯。
丹生(福井)は積極的な貢献活動。
大分舞鶴(大分)は県内トップクラスの進学校。
第94回選抜高校野球入場行進曲♪YOASOBI「群青」。
岩手花巻東・佐々木麟太郎、イチロー、国学院久我山・上田太陽主将、大阪登院・星子天真主将。
只見・吉津塁主将のコメント。

01/28 21:53 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
ことし3月に開幕するセンバツ高校野球に出場する32校が決まった。
「北海道・東北」北海道・クラーク記念国際(初出場)、岩手・花巻東(4年ぶり、4回目、エンジェルス・大谷翔平の母校)、福島・聖光学院(4年ぶり6回目)。
1年生ながら高校通算でホームラン50本の花巻東・佐々木麟太郎は、先月両肩を手術したことを明らかにしたうえで「日本一を達成するためにもしっかり責任を果たしていきたい」と述べ、センバツ出場へ意欲を示した。
「関東・東京」茨城・明秀日立(4年ぶり2回目)、埼玉・浦和学院(7年ぶり11回目)、山梨・山梨学院(2年ぶり5回目)、千葉・木更津総合(6年ぶり4回目)、東京・国学院久我山(11年ぶり4回目)、東京・二松学舎大付(7年ぶり6回目)。
「東海・北信越」石川・星稜(2年ぶり15回目)、福井・敦賀気比(2年連続9回目)、静岡・日大三島(38年ぶり2回目)、岐阜・大垣日大(11年ぶり4回目)。

01/28 19:48 BSフジ 【プライムオンラインTODAY】
毎年、第一生命保険が行っている「サラリーマン川柳コンクール」。
応募総数6万2657句から全国優秀100句が決定。
作品を紹介。
ベスト10を決める投票はきのうから行われている。
投票の締切は3月18日。
コロナ、ワクチン、モデルナ、副反応、マスク、エンゼルス・大谷翔平に言及。

01/28 18:48 フジテレビ 【イット!】
3月18日に開幕するセンバツ高校野球の出場校32校が決定。
名門校にも、北海道の雪国にも、一足早い春の知らせが届いた。
4度目の出場を決めたのは、大谷翔平の母校でもある岩手の花巻東高校。
花巻東高校の注目は、佐々木監督の長男で“怪物1年生”の佐々木麟太郎。
佐々木麟太郎は、すでに高校通算で50本ものホームランを放っている強打者で、佐々木監督と“親子鷹”で日本一を目指す。
花巻東高校・佐々木麟太郎は「厳しく練習をしてきたので、しっかりセンバツ大会でベストパフォーマンスを尽くして日本一絶対に取りたい」と語った。
21世紀枠に選ばれたのは、初出場の3校(福島・只見高校、福井・丹生高校、大分・大分舞鶴高校)。
福島の只見高校は豪雪地帯で、冬はグラウンドが使えない。
それでも駐輪場などで練習し、県大会ではベスト8入りした只見高校は、部員15人で甲子園に臨む。
福島・只見町の映像。

01/28 17:29 TBSテレビ 【Nスタ】
センバツ高校野球出場32校が発表された。
関東、東京地区の注目は11年ぶり、4度目の出場となる、秋の東京王者・国学院久我山。
国学院久我山は去年11月、イチローに直接指導を受けた成果を晴れの舞台で披露する。
東北地区からは大谷翔平の母校・岩手・花巻東が、4年ぶり4度目の出場。
注目選手は1年生で既に、通算50本塁打をマークしている怪物スラッガー、佐々木麟太郎。
チームを率いる佐々木洋監督との親子鷹で、東北勢初の甲子園制覇を狙う。
国学院久我山・上田太陽主将、花巻東・佐々木麟太郎のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.