テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【はやぶさ2】

はやぶさ2・小惑星への着陸を延期(10月12日)
JAXAは会見を開き、今月下旬に予定していた日本の探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウの着陸を延期することを発表した。

小惑星「リュウグウ」は岩の集合体で、地表面は岩石に覆われ想定より凹凸が激しく、平坦な場所がない。安全に着陸させるためにはさらなる調査と検討が必要だとして早くても来年1月以降に延期するとした。

今後はリハーサルを行った上で着陸方法も含めて時間をかけて検討を行うとしている。...
全部読む
“小惑星”デコボコ過ぎて・・・はやぶさ2が着陸延期(18/10/11)(再生)


MASCOTがリュウグウに着地(10月3日)
JAXAははやぶさ2に搭載された小型着陸機「MASCOT(マスコット)」を分離し、小惑星リュウグウに着地したことを発表した。

ドイツ航空宇宙センターとフランス国立宇宙研究センターが開発した「MASCOT」はドイツのケルンにオペレーションセンターがあり、運用にあたっている。

「MASCOT」は小惑星の地表のその場での科学観測を行うことを主たる目的として作られている。太陽電池ではなく、バッテリーを内蔵している。...
全部読む
小惑星探査機「はやぶさ2」搭載小型着陸機MASCOTの分離運用に関する記者説明(再生)


リュウグウの最新画像(9月27日)
探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウへ投下した探査ロボット「ミネルヴァ」が撮影した最新画像が公開された。

様々な大きさの岩石が転がっている。また、1時間ごとに撮影した写真も公開され、惑星の自転により太陽光が移動する様子も映し出されている。


ゴツゴツした岩肌に太陽光「リュウグウ」新画像公開(18/09/27)(再生)


JAXA・無人探査ロボット着陸成功(9月26日)
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は無人の探査ロボットを小惑星の地表に着陸させる歴史的快挙を達成したと発表した。

ミッションの費用は推計1億5000万ドルと見られる。

2014年12月に探査機「はやぶさ2」が打ち上げられ、今年夏に小惑星リュウグウの近くに到達した。
前回は別の小惑星からサンプルを持ち帰ることに成功したが、探査装置に故障が生じた。

今回の日本の目標には地表の詳細な情報収集が含まれるが、そのため爆発物を使い地表のすぐ下のサンプルを採取し、2020年終わりまでに地球に持ち帰る計画だ。...
全部読む
はやぶさ2 「りゅうぐう」へ探査ロボ(再生)
リュウグウ表面跳びはね撮影 はやぶさ2探査ロボ(18/09/22)(再生)


探査ロボットがリュウグウに着陸(9月23日)
JAXAは「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に向けて分離した小型探査ロボットが着陸に成功したと発表した。

小惑星の地表面でのロボットの移動も世界で初めて成功した。

「はやぶさ2」分離のロボット 小惑星での探査活動(18/09/23)(再生)


はやぶさ2・「リュウグウ」の詳しい観測を開始(7月12日)
はやぶさ2は地球から約3億キロ離れた「リュウグウ」の詳しい観測を開始。

これまでの画像から地表にはさまざまな大きさの岩の塊があることがわかった。

画像分析を行うチームでは地表の形状は小惑星イトカワと似ていることなどからリュウグウは壊れた小惑星の破片が集まって誕生した可能性が高いとしている。


探査ロボットが「リュウグウ」へ(9月21日)
「はやぶさ2」が、来月予定されている小惑星への着陸に先立ち、惑星表面の地形などを調べるため、探査ロボット「ミネルバ2」を投下した。

ミネルバ2は直径約20センチで、惑星表面を飛び跳ね移動し、地表の写真撮影や温度などのデータを収集予定。
はやぶさ2からロボット分離 小惑星りゅうぐうへ(18/09/21)(再生)
小惑星探査機「はやぶさ2」のMINERVA-II1分離運用に関する記者説明会(再生)


はやぶさ2・リュウグウ上空へ(6月27日)
4年前に打ち上げられた日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が午前9時35分、地球から約3億キロ離れた目標の小惑星「リュウグウ」に到着した。

「リュウグウ」は地球と火星の間にある小惑星で、直径約900m、南北の極と赤道部分が角張ったコマのような形をしている。

岩石には46億年前に太陽系が誕生した頃の水や有機物が残されている可能性が高いとされている。
小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星到着に関する記者会見(18/06/27)(再生)


はやぶさ2「リュウグウ」に最接近(2015年12月3日)
「はやぶさ2」はこれまで地球と同じような軌道で太陽の周りを飛行していたが、生命の起源に迫る手掛かりとなる物質を探して、地球と火星の間にある小惑星「リュウグウ」を目指して本格的な飛行に移るため、地球の重力を利用して進路を変える「スイングバイ」を行った。

スイングバイが成功したかどうかわかるのは約1週間後になる。

リュウグウ目指す「はやぶさ2」 地球に最接近へ(15/12/03)(再生)


JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.