テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【日露関係はどうなる】

ロシア・ラブロフ外相・“北方領土はロシア領土・紛れもない事実”(1月17日)
ロシア・ラブロフ外相は、河野外相と行った平和条約交渉に関連し「北方領土が第二次世界大戦の結果ロシアの領土になったと日本が認めることは、交渉の前提条件ではない」としながらも、「国連憲章などに基づく紛れもない事実」というロシアの原則的立場を強調。来週22日、安倍首相とプーチン大統領の首脳会談が行われる。

ロシア ラブロフ外相「国連憲章違反だ」と非難(19/01/17)(再生)


首脳会談開催22日で合意も主権めぐる隔たり改めて鮮明に(1月15日)
日ロ両政府は、北方領土問題を含む平和条約交渉の責任者を務める外相間の交渉を初めて行い、安倍総理大臣とプーチン大統領との首脳会談も、モスクワで今月22日に開催することで合意した。

ただ、主権をめぐる双方の隔たりは改めて鮮明になり、日本政府は今後も粘り強く交渉を進めていく方針である。

北方領土問題を含む平和条約交渉で、河野外務大臣とラブロフ外相が交渉の責任者となって初めてとなる会談がモスクワで行われた。...
全部読む

菅長官「“4島”は変わらない」 従来の立場強調(19/01/15)(再生)


日ロ平和条約交渉・ロシア外務省報道官「会談後の共同会見・日本が拒否」、日本側否定(1月14日)
北方領土問題を含む平和条約交渉を巡って日本時間のきょう午後、河野外務大臣とロシアのラブロフ外相が会談し、両外相が交渉責任者となって初めての交渉が行われる。

これを前にロシア外務省のザハロワ報道官は国営放送のインタビューで日本側が、きょうの会談終了後に共同で記者会見を開くことを拒否したと非難した。

一方外務省幹部は記者団に対し「それはおかしい。今回は通常の外相会談ではなく交渉であり交渉の途中で共同記者発表というのは聞いたことがない。...
全部読む

日ロ外相会談後の共同会見 「日本側が拒否」と批判(19/01/14)(再生)


安倍首相・日ロ平和条約交渉の前進誓う(1月7日)
安倍総理大臣は6日午後地元の山口県で父親の安倍晋太郎元外務大臣の墓参りをした。

日ロ首脳会談を前に北方領土問題を含む平和条約交渉の前進を誓った。
父の墓前で誓い 安倍総理が日ロ関係進展を強調(19/01/06)(再生)


ロシア・治安当局・米国籍の男・スパイ活動の疑いで拘束(1月1日)
ロシア連邦保安庁はスパイ活動の疑いで米国人の男をモスクワ市内で拘束した。

具体的な活動内容は明らかにされていない。

昨年7月には米国在住のロシア人の女がロシア政府の指示を受けて米国の政治団体に潜入し、スパイ活動の疑いで米国司法当局に逮捕され、ロシア政府が強く反発していた。

クリミア併合(2014年)、ロシア疑惑(2016年)、ウクライナ海軍の艦船がロシア側に銃撃され拿捕された事件(2018年)を受け、両国の関係は悪化の一途をたどっている。...
全部読む


ロシア・プーチン大統領・安倍首相へ「建設的な対話続くこと期待」(12月31日)
ロシア大統領府は30日、プーチン大統領が日本や米国、中国など各国首脳に新年の祝賀メッセージを送ったことを明らかにした。

プーチン大統領は、安倍総理大臣に宛てた新年の祝賀メッセージの中で、「2国間の協力を進めるための法的基盤拡大と、ロシア極東での共同経済プロジェクトを実現させることなどで、建設的な対話が続くことを期待している」と述べ、日ロ両国が平和条約交渉を加速させることで合意する中、日本と幅広い分野での対話が続くことに期待を示した。...
全部読む


ロシア・プーチン大統領・沖縄の米軍引き合いに“強い懸念”(12月21日)
ロシア・プーチン大統領は20日、内外メディアを集めた年末恒例の記者会見を行った。

この中で平和条約のない日本との関係について「この状況は正常ではないと確信している。

平和条約の締結に向けて真剣に取り組んでいく」と述べ、安倍首相と平和条約締結に向けた交渉を進める意欲を示した。

一方、米国の米軍普天間基地の移設計画を念頭に「沖縄の知事も米国軍基地の強化と拡大に関わる決定に反対しているが、彼らは何もできないまま物事が進んでいる。...
全部読む



北方領土問題・ロシア副首相・島の引き渡し議論していない(12月11日)
北方領土問題をめぐりロシア・トルトネフ副首相は「両国の首脳は、島の引き渡しに関わる問題はこれまでいっさい議論していない」と述べ、強い姿勢で交渉に臨むと内外に強調した。

北方領土問題をめぐり、安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領は、平和条約を締結したあと歯舞群島と色丹島を引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言を基礎に、平和条約交渉を加速させることで合意している。


日ロ首脳会談・外相間で平和条約交渉(12月2日)
アルゼンチンで行われた日ロ首脳会談で、来年1月下旬と見られる安倍総理大臣のロシア訪問を前に外相間で平和条約交渉を行う方向で調整が進められることになった。

G20サミットに出席するためアルゼンチンを訪れている安倍首相は、約45分間にわたりロシア・プーチン大統領との日ロ首脳会談に臨んだ。

会談は、平和条約を締結したあと歯舞群島と色丹島を引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速することで合意した先月14日のシンガポール以来、今回で24回目となる。...
全部読む


【HTBニュース】平和条約交渉に暗雲「ロシアの主権認めよ」ロ外相


北方領土・引き渡しには米国軍駐留せず確約が重要(11月23日)
今月14日の日ロ首脳会談では北方領土について1956年の日ソ共同宣言に基づいて交渉を加速することで合意し、プーチン大統領は2島の引き渡しの条件が今後の交渉の焦点となるという考えを示している。

ロシア外務省・ザハロワ報道官は「歯舞諸島や色丹島を引き渡すにあたっては米軍が駐留しないことを日本が米国に確約させることが重要だ」という考えを示した。

ロシアはこれまで仮に北方領土を日本に引き渡せば、日米安保条約に基づいて島に米軍が駐留するのではないかと強く警戒してきた。
北方領土“米軍置かず” プーチン氏が日米合意要求(18/11/14)(再生)


日ロ関係・動き出した北方領土返還交渉(11月17日)
(安倍首相は四島の帰属問題の解決が前提という政府方針に変わりがないと強調))

安倍首相とプーチン大統領による日ロ首脳会談では北方領土問題について、日ソ共同宣言を今後の交渉の基礎とすることで合意したが、日ソ共同宣言は平和条約の締結後に歯舞群島、色丹島を引き渡すことに合意する内容となっているため「2島返還」を先行させるのではという憶測が広がっている。これについて安倍首相は16日の会見で、「あくまで四島の帰属問題の解決が前提という方針」を示し従来の政府方針に変わりがないことを強調した。...
全部読む
北方領土問題 安倍総理「従来の方針と矛盾せず」(18/11/17)(再生)


菅官房長官・歯舞・色丹返還なら・当然日本の主権も確認(11月16日)
ロシア・プーチン大統領は日ソ共同宣言で平和条約締結後、日本に引き渡すとされている歯舞群島と色丹島についてどちらの主権のもとに島が残るのかは書かれていないなどと述べ、引き続き両島の主権がどうなるか日本側との交渉が必要だという考えを示した。

これに関連して菅官房長官は、「プーチン大統領の発言ひとつひとつにコメントすることは控えたい。いずれにしても歯舞諸島及び色丹島が返還されることになれば、当然それらに対する日本の主権も確認されることになると理解している」と述べた。...
全部読む


日ソ共同宣言基礎に平和条約交渉を加速で合意(11月16日)
日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した安倍総理大臣とロシア・プーチン大統領であるが、日ソ共同宣言には平和条約の締結後に歯舞群島、色丹島を日本に引き渡すことが明記されている。

歯舞群島、色丹島は北方領土全体の面積の7%。色丹島には2917人が住んでいる。

歯舞群島には一般の市民は住んでおらず、ロシア国境警備局の職員が常駐している。

プーチン大統領は北方領土を日本に引き渡した場合は米国軍が展開する懸念を示している。...
全部読む


日ロ首脳会談・日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速(11月15日)
シンガポールを訪問中の安倍首相は、昨夜ロシア・プーチン大統領と会談した。

会談後、安倍首相は、平和条約を締結したあと歯舞群島と色丹島を引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速することで合意したと明らかにした。
さらに安倍首相は年明けにもロシアを訪問し、再び首脳会談を行う考えを示した。合意についてロシアは進展があったとみる一方、島を引き渡す際の具体的条件など宣言には盛り込まれていない部分の扱いが焦点になるとみて、今後の交渉に臨むものとみられる。...
全部読む
「2島返還」軸に 日ロ首脳が交渉加速で一致(18/11/15)(再生)


日ロ首脳会談・北方領土問題含む平和条約交渉(11月14日)
安倍首相はASEANやRCEPの首脳会議に出席するためきょう午後シンガポールに到着。まもなくロシア・プーチン大統領との首脳会談に臨む。

北方領土問題を含む平和条約交渉の進展を図れるかが焦点。日本政府は北方四島の帰属の問題を解決して条約を締結するとの立場を一貫して取ってきた。仮に帰属の問題を解決しないまま平和条約を締結すれば領土問題は存在しないと日本側が認めたと国際社会に受け止められかねない。...
全部読む
北方領土は・・・ きょう総理プーチン大統領と会談へ(18/11/14)(再生)


日ロ首脳会談・連続で行えないか検討(10月13日)
ロシアのプーチン大統領が先に安倍総理大臣に対して前提条件を付けずに平和条約を締結しようと提案したことを踏まえ政府は北方領土問題の前進につなげるため日ロ首脳会談を連続して行うことができないか検討を進めている。

政府は来月中旬にシンガポールで開かれるEAS・東アジアサミットに加え来月30日からアルゼンチンで開催されるG20に合わせて安倍総理大臣とプーチン大統領による日ロ首脳会談を連続して行えないか検討を進めている。...
全部読む



日露関係は急展開するか・プーチン大統領が前提条件なしに年内の平和条約締結を持ち出す(9月15日)
(突然プーチン大統領が前提条件なしに年内の平和条約締結を提唱)

ロシア・ウラジオストクで東方経済フォーラムが開催された。その場に安倍首相も参加し演説を行った。安倍首相は「もう一度、ここで沢山の聴衆を証人として、私たちの意思を確かめ合おうではありませんか。今やらないでいつやるのか?我々がやらないで他の誰がやれるのかと問いながら歩んで行こう。容易なことでないのは互いに知り尽くしている。しかし我々には未来の世代に対する責任があるのだから」とプーチン大統領に呼びかけたところ、プーチン大統領は突然、「今、ここで思いついたが、条件をつけず年末までに平和条約を締結しようではないか。...
全部読む
年内に日ロ首脳会談か 外交ルート通じ調整中(18/09/14)(再生)
平和条約巡り突然の提案 プーチン大統領の意図は(18/09/12)(再生)


JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.