テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【マツコ人気を追う】

1/22 日本テレビ「月曜から夜ふかし」(第385回)
冬のコミックマーケットを取材したVを見たマツコはこう切り出した。

「今までオタクの人に拒絶反応があったけど、拒絶反応すっかりなくなったわー」とマツコ。

これに対し「確かに距離感なくなったね。もう市民権めちゃくちゃ得ているわけやし」と村上。

「ああいうしゃべり方とかも全然嫌じゃないわ。逆に面白いわよ」とマツコ。

「うーんって頭をこりこりしてた人にはまだちょっと免疫力なかったけど…」と村上。

「あたしなんかは逆にあの人かわいいって思っちゃったけど」とマツコ。

「なんだ、そっちか(笑)」と村上。

「最近、あたしああいう感じの人が好きなんだよね」とマツコ。

「なんか最近、裾野が広がってきてない?」とマツコに突っ込む村上。...
全部読む


1/20 Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達(たち)・マツコ・デラックス×つんく♂」(第384回)
今回、マツコが日頃から大ファンと公言するつんく♂とのインタビューが実現した。病気で声帯を失ったつんく♂はパソコンに文字を入力する筆談形式で参加することとなった。モーニング娘などの音楽プロデュースで知られているつんく♂はこの収録のためにわざわざ居住地のハワイから日本にやってきた。2人が会ったのは2度目。

番組のいきなり冒頭でつんく♂が「マツコは謎が多い」と先制パンチを繰り出した。

これに対し「謎というか、多分、なんだこいつ?と思われて、それに明確な答えがないまま受け入れられてるのかなっていう思いはある。でも、説明しようにしも何から説明すればいいのかがわからないのよ」とマツコ。
「そう仕向けた感はないの?」と鋭い突っ込みをみせるつんく♂。

「それはない、ない。本人としてはいたってシンプルな形で皆様にご挨拶したつもりだったんだけど、それをものすごい何かがあるんじゃないかみたいに受け取られてるの。だからこんな番組からも出演オファーが来ちゃうのよね」「本当にあたしにはなんにもないのよ。オカマの井戸端会議をそのままテレビでやってるだけだからね。逆に言えばありがたいことですよ」とマツコ。...
全部読む


1/19 テレビ朝日「夜の巷を徘徊する」(第383回)
マツコとキムタクが大吉を引くまでおみくじ巡りをするという前回(第380回)の続編。

最後に2人は神田神宮に行き、ここでおみくじを引いた。「はっ」と声を上げるマツコ。そのおみくじを「おっ」と叫んで見入るキムタク。どことなくうれしそうだ。

マツコは「大吉」で、キムタクは「末吉」だった。

実はこの直前にこの神社でおみくじを引いたところ、キムタクが「大吉」を引き、マツコが「小吉」を引いていた。2人とも大吉を引かないとだめだということで再チャレンジした結果が今回の結果だったのだ。

「もうこれでよくない?2人同時じゃなかったけど大吉をいちおう引いたということで」とマツコ。

「いいってこれで、大吉が出た瞬間のマツコの顔もなかなか良かったし。これでドラマ(BG)が頑張れると思う。今日引いた大吉のこともあるし」とキムタクも今回の結果に満足そうだ。

マツコとキムタクがメインとはいえ、おみくじをひたすら引くだけで番組にしてしまうあたり、今回のテレビ朝日の気迫はすごいと感じた。


1/15 日本テレビ「月曜から夜ふかし」(第382回)

今回は2018年の女子中高生のトレンド予測を紹介した。

まず、全アジアからイケメンを選出する中国の人気番組でイケメンすぎると話題になっている男の子2人組「英亜(えあ)くん・英蘭(えらん)くん」を紹介した。

「俺とどっこいどっこい違う?信五くんもそこそこやるよ」と自分と比較する村上。

その瞬間、村上の顔がドアップで映し出された。笑顔をつくる村上。

「あー、現代で受けない二重の形ねー」とまじまじと村上の顔を見て、けちをつけるマツコ。スタジオ爆笑。

「俺の二重はナチュラルやねんから」とマツコに言い返す村上。

「でもスタジオの人たちはあたしの言うことにみんなうんうんうなづいてたわよ」とマツコも、負けていない。...
全部読む


1/10 フジテレビ「ホンマでっか!?TV 2018年大予想&テレビ映え芸能人大集合SP」(第381回)
2018年に世界では一体何が起きるのか!?そして我々の生活にどのような影響が及ぶのかをさまざまなジャンルの評論家軍団が大予想した。

AIビジネス・藤野貴教(は「AIが膨大な過去のレースを学習して重賞レースの予想を的中させる率が向上するのでAIを使うといいという風になるかもしれないです」と予想した。

「でもさ、それをやりすぎると誰でも勝てちゃうわけじゃない。終わっちゃうよね。今、株もそうなっちゃうかもしれないって言われてるわよね。誰も損をしなくなり、でもその後はどうするのよ?」とマツコが突っ込んだ。

「でかい当たりを取るという意味ではまだまだ人間の方が優れていますが、できるだけ負けないという方法を取る時にAIは向いていますね。でも、ギャンブルとして面白いかというとまたそれは別の話です」と藤野。

「じゃあ、めったにはずれないAIがはずれる奇跡の万馬券狙いのとんでもない借金苦のギャンブル狂みたいのが出てきてしまうわけね」とマツコ。

これに対し「だけどもね、人間の頭脳を明らかに超えるAIが出てくるのは2030年頃って言われているんですよ。だから2030年頃になると明らかに社会が大きく変わる可能性がある」と環境評論家・武田邦彦は言った。...
全部読む


過去の記事
1 ... 19 20 21 . 30 40 50 . 97

「マツコ人気を追う」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.