テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

中国海軍;今度は最新鋭無人攻撃偵察機離発着可能な大型強襲揚陸艦を建造か【ロシアメディア】

7月22日付GLOBALi「中国海軍;米軍艦火災事故を尻目に大型強襲揚陸艦を着々と建造・就役」で報じたとおり、米軍事力との差を縮めようと軍備増強に走ってきた中国が、火災を起こした米軍艦と同類のヘリコプター搭載強襲揚陸艦を続々と建造・就役させようとしている。そして今度は、電磁式カタパルト(EMALS、注1後記)及び制動装置(注2後記)を装備して、最新鋭無人攻撃偵察機の離発着が可能な大型強襲揚陸艦を建造する計画があると報道されている。

7月23日付ロシア『スプートニク・インターナショナル』オンラインニュース:「中国、全く新しいタイプの空母を建造か」

中国人民解放軍(PLA)海軍が、EMALS及び制動装置を装備した新型強襲揚陸艦を建造するための計画書を政府関係部署に提出したと言われている。

7月19日付で提出されたとされる同計画書によると、建造船は「強襲揚陸艦76型」(同書タイトルは「プロジェクトXX6」)で、既に2隻建造が終わったヘリコプター搭載強襲揚陸艦75型に近似しているが、EMALS及び制動装置を備えた他に類を見ない画期的な艦船とみられる。...

全部読む

 

ロシア;極東で与党・統一ロシアに反発する1万人規模の市民デモ【欧米・ロシアメディア】

ロシアでは6月下旬に行われた国民投票の結果、ウラジーミル・プーチン大統領が2036年まで現職に留まれることを可能にする改正憲法が成立した。支持率が急落しているとは言え、同大統領の長期政権はひとまず安泰とみられる。しかし、地方では中央政府のやり方に異議を唱える市民も少なからずいるようで、極東のハバロフスク地方(注後記)では、同地方政府知事(野党出身)を当局が不当逮捕したことに抗議して、1万人規模の市民がデモ行進を行った。

7月18日付『ロイター通信』『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙:「ロシア極東の市民1万人が地元知事の不当逮捕に対する抗議デモ」

ロシア極東のハバロフスク地方において7月18日、少なくとも1万人規模の市民が幹線道路をデモ行進し、連邦政府当局によって不当に逮捕された同地方政府知事の解放を求めて抗議した。

デモ隊の一行は、ある者は不当逮捕を非難し、またある者は公平で開かれた裁判を要求する等の声を上げた。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.