テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

中国;G20欠席、上海F-1レース・北京モーターショー延期にも拘らず、東南アジア諸国に対して”新型コロナウィルスはアンダー・コントロール”と吹聴【米・中国メディア】

中国発の新型コロナウィルスは、収まるどころか依然猛威を振るっている。そうした中、今週末にサウジアラビアで開催予定の主要20ヵ国(G-20)財務相・中央銀行総裁会議に中国代表が欠席、また、4月開催の上海フォーミュラ1レース並びに北京モーターショー2020が延期となっている。にも拘らず、東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議に出席した中国外相は、“新型コロナウィルスは効果的にコントロールされている”と大見えを切っている。

2月20日付米『AP通信』:「中国外相、ASEAN加盟国に集団感染問題は収束中とアピール」

中国外交部(省に相当)のトップは2月19日、ASEAN加盟国に対して、湖北省(フーベイ)で猛威を振るっている新型コロナウィルスは“効果的にコントロールされつつある”と断言した。

ビエンチャン(ラオス首都)で開催中の、ASEAN外相会議に出席している王毅(ワン・イー)外交部長が発言したもので、“早急なる集団感染収束”をもたらすことができると強調した。...

全部読む

 

カルロス・ゴーン被告;いよいよフランス検察が巨額資金不正流用容疑捜査に本腰【米・英国メデイア】

2月12日付Globali「ゴーン被告;逃亡劇の映画化の話がある一方、日産・三菱合弁会社からは不正取得の8億円返還請求」で報じたとおり、カルロス・ゴーン被告の一方的な無実宣言など無視して、日本側の同被告に対する追及は続いている。そして、これまで同被告の2016年ベルサイユ宮殿貸し切り費用5万ユーロ(約620万円)の不正使用の捜査を行っていたフランス検察当局が、中東オマーンの自動車ディーラー宛の巨額資金不正流用という本丸捜査に本腰を入れることが判明した。

2月20日付米『AP通信』:「フランス検察、ゴーンのオマーン・ディーラー宛不正資金流用容疑を本格捜査」

フランスのナンテール市(パリ近郊北西部の都市)にある検察当局は2月19日、カルロス・ゴーンがルノー・日産連合トップに君臨していた折り、資金洗浄、詐欺、業務上横領等を犯していた容疑に関わり、予審判事(編注;容疑者の拘束や国際手配などの権限保有)に捜査の指揮を委ね、本格捜査を開始すると発表した。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.