テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

米国務長官;東南アジア諸国歴訪して対中強硬姿勢を訴え大統領選直前に最後のアピール【欧米メディア】

マイク・ポンペオ米国務長官(56歳)は今週、東南アジア諸国を歴訪中であるが、訪問先で次々にトランプ政権下の“対中強硬姿勢”を改めてぶち上げて、大統領選間際の最後のアピールに徹している。なお、米韓関係の微妙なすれ違いからか、今月初めに続いて今回も、同長官の訪問を求める韓国の要請は受け入れなかった。

10月29日付『ロイター通信』『AP通信』:「ポンペオ国務長官、大統領選が近づく中で訪問先のインドネシアで新たな対中強硬姿勢」

マイク・ポンペオ国務長官は10月29日、大統領選が近づく中、トランプ政権が標榜してきた対中強硬姿勢について、訪問先のインドネシアでも新たなアピールを行った。

ドナルド・トランプ大統領(74歳)の選挙キャンペーンにおいて、対中強硬政策は最重要戦略である。...

全部読む

 

新型コロナウィルス感染流行に関わる世界各国、国際機関の直近の状況(24)【米メディア】

3週間近く前の前回報道時以降、北半球が冬を迎えることもあって新型コロナウィルス(COVID-19)感染流行は依然勢いが衰えず、感染者はついに4,200万人を超え、死者も110万人超となっている。アジアで最多感染者を出しているインドは、このままいくと世界最多の米国を抜くのは時間の問題と見込まれていたが、米国では、トランプ政権や与党・共和党がマスク着用を政治問題化していることもあって、マスク不着用による感染再拡大の事態を招いていることから、米国の世界1位は当分揺るぎようがない。なお、10月24日午後11時現在、感染者4,221万4,376人(前回より+704万9千人)、死者114万4,319人(同+10万7千人)、致死率2.7%(同▼0.2%)となっている(米ジョンズ・ホプキンズ大学収集データを引用)。

10月24日付『AP通信』他:「COVID-19感染流行問題に関わる直近の状況」

≪ハイライト≫

●国連:総会議長がニューヨーク市長に会談申し込むも、同市長はこれを拒絶。

●米国:①トランプ大統領、大統領選討論会の席上、テキサス州(共和党牙城)の感染者数増が止まったと強調せるも、同州南西端のエルパソ(メキシコ国境沿い)では過去最悪を記録。 ②ニューヨーク州、一日の感染者数が1千人超と1ヵ月前より倍増と、再び深刻化。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.