テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

ソロモン諸島首相、米国に反発して米高官列席の「ガダルカナル島の戦い80周年慰霊式典」に欠席【豪州メディア】

南太平洋島嶼国のソロモン諸島(SI、1978年に英国より独立した英連邦王国)の首相は、今年4月に中国と安全保障条約を締結したが、爾来米豪等の高官が次々に文句を言うために同国を訪問してくることに嫌気がさしていた。そうした中、第二次大戦の激戦地となった「ガダルカナル島(SI最大の島)の戦い(注後記)」80周年を記念する現地式典に米国高官が出席したが、同首相は欠席して物議を醸している。

8月9日付『豪州AP通信』は、「米国高官、SI首相は“貴重な機会を喪失”とコメント」と題して、第二次大戦中の激戦地となったガダルカナル島の戦い突入80周年を記念する慰霊式典に、SI首相が出席しなかったのは誠に残念だと表明したと報じている。

米国務省のウェンディ・シャーマン副長官(73歳、2021年就任)は8月8日、第二次大戦において激戦地となったガダルカナル島の戦い突入80周年を記念する慰霊式典に欠席したSI首相について、“貴重な機会を喪失した”とコメントした。...

全部読む

 

米共和党予備選でトランプ前大統領推薦候補が多く当選するも、民主党は泡沫候補ばかりとむしろ中間選挙に有利と強気【米メディア】

既報どおり、前回の米大統領選で激戦区だったジョージア州において、今秋の中間選挙に臨む党候補者を決める共和党予備選で、トランプ前大統領が推す候補が反トランプ派に惨敗した。この勢いが続くとみられたが、同じく激戦区だったアリゾナ州の直近の予備選の結果、トランプ派が大勝した。しかし、対抗する民主党陣営としては、今回勝ったのが泡沫候補であり、むしろ本選では民主党が戦いやすいと強気のコメントをしている。

8月4日付『NBCニュース』は、「共和党トランプ派:トランプ推薦候補がアリゾナ州・ミシガン州で大勝したことから、トランプは“最強の人物”と称賛」と題して、共和党陣営が、アリゾナ州・ミシガン州における直近の共和党予備選で、下馬評を覆してトランプ前大統領が推した候補が大勝したとして、改めてトランプの影響力の強さを絶賛したと報じている。

今年前半に実施されたいくつかの州における共和党予備選で、ドナルド・トランプ前大統領が推薦する候補が軒並み敗退し、トランプの神通力もこれまでかとみられた。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.