テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

史上3人目の1000勝・白鵬の大偉業の行方(11月18日)
大相撲九州場所も序盤戦を終えた。綱取りがかかる東大関・豪栄道は無傷の五連勝と落ち着いた相撲で理想的なスタートを切った。久々に上位に戻ってきた遠藤も好調。博多の土俵を盛り上げている。昨年からの満員御礼は二日目で途切れたものの、再度四日目には大入りに。四日目の満員御礼は武蔵丸、魁皇ら5力士による優勝決定戦が行われた平成8年(1996)の場所以来20年ぶりのことだ。ここ数年観客動員に苦戦し続けていた地方場所の中でも、ご当地力士・魁皇の引退以降九州場所は特に空席が目立つ寂しい客の入りだった。...
全部読む

W杯最終予選も前半戦終了・新たなチームの形(11月17日)
「本当に困難な状況だったが、(日本は)勇気と強い気持ちを持ったチームだ。大きな勝利だった」(ハリルホジッチ監督)W杯アジア最終予選日本vsサウジアラビア。グループBの首位を走る強敵をホームで迎え撃ったハリルジャパン。負ければ本戦出場が一気に遠のく大一番で、指揮官は本田圭佑、香川真司らを先発メンバーから外すという思い切った策に打って出た。
ザックジャパン以来の中核だったメンバーに代わりピッチに立ったのは大迫勇也(ケルン)、久保裕也(ヤングボーイズ)といったフレッシュな面々。...
全部読む
【アジア最終予選】11/14 原口元気 サウジアラビア戦前日インタビュー(再生)

「西の安田」「東の清宮」二大スラッガー対決!(11月16日)
学生野球シーズンの掉尾を飾る明治神宮野球大会。高校の部決勝では40年ぶりの日本一を目指す東京代表・早稲田実業と、初の栄冠を目指す大阪・履正社が激突した。注目は早実の怪物・清宮幸太郎と、履正社の長距離砲・安田尚憲という東西スラッガー対決。試合は清宮が初打席でいきなりライトスタンドに高校通算76号となるソロホームランを叩き込み先制。観客の度肝を抜く豪快なバッティングを見せつけた。
これを目の当たりにし、西の怪物が闘志を沸き立たせる。...
全部読む

御殿場のグリーンに刻まれた圧巻のショット!(11月15日)
2011年の11月、東北福祉大学在籍中だった松山英樹は、史上3人目となるアマチュアでの日本ツアー優勝を果たした。それからちょうど5年。再び太平洋クラブ御殿場コースに戻ってきた松山が圧巻のゴルフを見せてくれた。
三井住友VISA太平洋マスターズ最終日。2位に6打差をつけて独走する松山は、6番Hで4打目を池に入れダブルボギーとし、2位につける韓国勢に3打差まで迫られる。しかし、ここからが世界ランク7位の男の本領発揮。...
全部読む
Morning Drive: Hideki Matsuyama Moves u(再生)

九州場所の展望・4大関の奮起は見られるか?(11月14日)
13日に初日を迎えた一年納めの九州場所。復活がかかる休場明けの横綱・白鵬の相撲にも注目だが、最大の焦点は先場所全勝優勝を飾った大関・豪栄道の綱取りの行方だろう。そこでまず、彼を含む4大関について振り返ってみたい。
「余計なことを考えずに、自分の相撲を取ることだけ考えてやるだけ」豪栄道は場所直前の記者会見でいつものように淡々と語った。先月、地元の大阪・寝屋川で行われた優勝祝賀パレードには2万人のファンが詰めかける盛況ぶり。...
全部読む
豪栄道関が地元でパレード 秋場所で全勝初V(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 3233 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.