テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【スポーツの神様】

清宮幸太郎、安田尚憲、中村奨成其々のドラフト(10月27日)
「自分を信じて、自分の目指すところを一歩一歩進んでいけたらなと思っています」高校通算111本の本塁打を放った稀代のスラッガーは、やや緊張した面持ちで会見場でそう繰り返した。

今年のプロ野球ドラフトの最大の目玉・早稲田実業の清宮幸太郎。果たして何球団の1位指名が集まるか注目されたが、ふたを開ければ、高校生としては史上最多の7球団の競合に。運命の抽選の結果、交渉権を獲得したのは北海道日本ハムファイターズだった。...
全部読む

広陵・中村は広島1位 プロ野球ドラフト会議(再生)

ドラフト会議・7球団が1位指名・清宮幸太郎・日本ハムに交渉権(10月26日)
プロ野球ドラフト会議。早稲田実業・清宮幸太郎は7球団(ロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンク)が1位指名し抽せんの結果、日本ハムが高校通算最多ホームラン111本を打った早稲田実業・清宮幸太郎の入団交渉権獲得した。

ドラフト会議は過去に数多くのドラマを生んできた。

昭和60年、巨人から1位指名された桑田真澄。清原和博は夢かなわず涙を流した。

平成元年には野茂英雄が最多の8球団から指名。...
全部読む


羽生vs宇野、宮原復帰戦…GPシリーズ展望(10月26日)
24日、ギリシャのオリンピア遺跡で平昌オリンピックの採火式が行われ、来年2月9日の開幕に向けて聖火リレーがスタートした。冬季五輪でも特に注目の高い男女のフィギュアスケートも22日、グランプリシリーズ初戦のロシア大会を終えた。大会の総括とともに、オリンピックイヤーの展望を考えてみたい。

現在GPファイナル4連覇中の羽生結弦。SPでは9月に世界歴代最高得点を樹立しているが、この日はコンビネーションで転倒するなど、ミスを重ね2位と出遅れた。...
全部読む
ロシア大会 羽生結弦 FS後インタビュー(再生)

“雨ニモマケズ“流れを変えたラミレス監督の采配(10月25日)
思えば今年は1stステージから雨に泣かされたCSであった。プロ野球・セ・リーグCSファイナルステージ第5戦は、横浜DeNAベイスターズが、リーグ戦1位の広島東洋カープを9-3で破り、19年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。セ・リーグでシーズン3位からの勝ち上がりは、史上初めての“下剋上”である。

甲子園での雨中激闘から日を開けず連戦となった第1戦。マツダスタジアムでの試合も秋雨の中でのプレーボールに。...
全部読む

小平奈緒と高木美帆・二人のエースが激突!!(10月24日)
平昌オリンピックまで残すところ100日余りとなった。フィギュアではGPシリーズも開幕。いよいよ五輪シーズンの到来である。そこで、ここでは22日まで長野市オリンピック記念アリーナ(エムウェーブ)で行われてきた全日本スピードスケート距離別選手権大会について、総括をしてみたい。

距離別選手権は五輪代表選考の対象となるワールドカップへの出場権をかけた重要な大会。「目先の結果にはこだわらず、オリンピックシーズンが始まるという扉を開いていけるような気持ちのいいレースが出来れば」開幕前、そう抱負を語った女子短距離のエース小平奈緒。...
全部読む


過去の記事
1 ... 31 32 33 . 40 50 60 . 161

「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.