テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【スポーツの神様】

甲子園で3度全国制覇・茨城の木内元監督逝く(11月25日)
高校野球界屈指の名将・木内幸男氏が24日亡くなった。「子どもが好き、野球が好き、勝つことが好き」と語る表情は、まさに永遠の野球少年。その純粋な眼差しで齢80歳まで白球を見つめ続けてきた。

木内氏は享年89歳。1931年生まれの昭和一桁世代に当たる。生まれ育った茨城県で生涯を高校野球の指導に捧げた。取手二高と常総学院高で夏2回、春1回の甲子園制覇。歴代7位の甲子園通算40勝という成績を残している。...
全部読む



クイーンズ駅伝日本郵政連覇・様々な人間模様(11月24日)
女子トップランナーたちが奥州路を駆け抜ける。実業団№1を決めるクイーンズ駅伝。五輪代表から復活のベテラン、引退レースとなった名物選手まで多彩なメンバーが激走を繰り広げた

注目を集めた各チームのエースが出場する3区(10.9km)は、東京五輪マラソン代表が顔をそろえた。天満屋・前田穂南は18位でタスキを受け取ると一気に順位を5つ押し上げた。同じくマラソン代表の一山麻緒(ワコ―ル)は6人抜きで10位から4位に浮上する。...
全部読む



現役&元大関の優勝決定戦・互いの意地と意地(11月23日)
千秋楽で星の差一つで優勝争いを繰り広げた貴景勝と照ノ富士。十一月場所最大の注目の取組となった結びの一番は、突き放していきたい貴景勝だが照ノ富士は下がらない。一瞬引かれたが照ノ富士の体勢は崩れず、しっかりと動きについていく。逆に右を深く差しと巨体を生かした豪快な浴びせ倒しで貴景勝を土俵に倒した。

自力で相星に引きずりおろした照ノ富士は鬼気迫る表情で土俵をさがる。一方の貴景勝は背中にべっとりと砂を付けたまま控室に下がるが、途中のモニターでじっくりと今の一番を見直していたのが印象的だった。...
全部読む



コロナ禍の日本シリーズ開幕・鷹の5番が爆発(11月22日)
二年連続ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツの対戦となった日本シリーズ。東京ドームが順延となった都市対抗野球で使用されているためジャイアンツのホームゲームとなる第1・2・6・7戦は京セラドーム大阪で行われることとなった。

コロナ禍での初のシリーズは異例の対応が取られている。観客数は収容人数の50%までに制限されたほか、ルール上にも大きな変更がある。大きな変更点はセ・パのホームゲーム球場にかかわらず、全試合でDH(指名打者制)が適用されること。...
全部読む



ITTFファイナルで張本・石川が初戦敗退の波乱(11月20日)
18日の記事の通り、国内のTリーグが3か月遅れで開幕したが、張本智一や伊藤美誠、石川佳純らは現在卓球のワールドツアー獲得ポイント上位者で争われる国際大会に出場中だ。

この19日から22日まで中国で開催されるITTFファイナルの初日で大きな波乱があった。日本のエース・世界ランキング4位の張本はシングルス1回戦で韓国のチャン・ウジンと対戦。5日前のワールドカップで破った相手に、序盤から試合のペースを握り11-6、11-2と圧倒した内容で2ゲームを連取。...
全部読む



過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 319

「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.