テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

稀勢の里、再び休場・横綱を悩ます二つの苦悩(11月22日)
大相撲九州場所十日目、前日まで四勝五敗と不振が続いていた横綱・稀勢の里の休場が発表された。診断書によれば「腰部挫傷、左足前距腓靭帯損傷」とのこと。これで稀勢の里は鶴竜と並び四場所連続での休場となってしまった。

今場所は初日の玉鷲に始まり、五つの黒星はすべて平幕力士に喫したもの。所謂「金星」の配給である。若手成長株の貴景勝、北勝富士に敗れたでなく、これまで14連勝中だった宝富士に土俵際で下手投げを食らった九日目の取組などをみるとかなり深刻な状態だ。...
全部読む


年間表彰式開催・MVPの栄冠はサファテと丸(11月21日)
日本列島各地もすっかり冬模様だ。年の瀬が近付き、スポーツ界にも年間表彰のシーズンがやってきた。20日にグランドプリンスホテル新高輪で「NPB AWARDS2017」が開催。今年の球界を代表する名プレーヤーたちが一堂に会した。

各部門の表彰選手とともにベストナインもこの日表彰。そして、栄えある最優秀選手・MVPが発表された。パ・リーグはホークスのデニス・サファテ。54セーブのプロ野球新記録樹立で3年連続のセーブ王を獲得。...
全部読む


再びアジア№1へ!稲葉監督と若き侍初陣を飾る(11月20日)
「野球界のために頑張ろうという気持ちが非常に嬉しかった」初陣を最高の形で終えた指揮官は若きサムライたちに、そう感謝の気持ちを表す。3つのプロ野球リーグ代表チームで争われたアジアプロ野球チャンピオンシップ決勝戦。日本は韓国に7-0で勝利し、初代王者に輝いた。2年前のプレミア12で大逆転負けを喫した相手に雪辱を果たしての優勝だ。

日本は連勝で決勝に進出。一方の韓国は台湾との息詰まるような投手戦を1-0で制し、日本との再戦に臨んできた。...
全部読む


プロ野球のアジア№1をかけ日・韓・台が激突(11月17日)
日本・韓国・台湾のプロ野球リーグの選抜チームによるアジアプロ野球チャンピオンシップ2017が東京ドームで開幕した。今回が初開催のこの大会。1993年1月1日以降生まれ、もしくは入団3年以内の若手選手が主体となっている(オーバーエイジ枠は各チーム3人まで)

「まず勝利が大事」と語った稲葉篤紀監督にとっては国際大会での初采配。宮崎市でのキャンプの後、練習試合を行い決戦に臨んだ。一方、他の参加チームも並々ならぬ決意で日本に乗り込んできた。...
全部読む

新生 侍ジャパン遂に始動!! 宿命の日韓戦!! 11/16(木)『アジア プロ(再生)

露W杯へのテストマッチ・ハリル監督の戦略は(11月16日)
強豪二か国との欧州遠征を終えたサッカー日本代表。「この2試合を通していろんな結論が導き出せました。このチームの可能性をすごく感じました」ハリルホジッチ監督はベルギーとの試合後にそう収穫を強調した。

世界ランキング5位のベルギーとの一戦は、試合開始早々に不用意なファールからPKで失点した初戦のブラジル戦と比べて落ち着いてプレーすることができたように見えた。押し込まれる場面も多かったものの、GK川島永嗣が守りきり何とか前半を0-0で折り返した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 135
「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.