テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【マツコ人気を追う】

1/19 テレビ朝日「夜の巷を徘徊する」(第383回)
マツコとキムタクが大吉を引くまでおみくじ巡りをするという前回(第380回)の続編。

最後に2人は神田神宮に行き、ここでおみくじを引いた。「はっ」と声を上げるマツコ。そのおみくじを「おっ」と叫んで見入るキムタク。どことなくうれしそうだ。

マツコは「大吉」で、キムタクは「末吉」だった。

実はこの直前にこの神社でおみくじを引いたところ、キムタクが「大吉」を引き、マツコが「小吉」を引いていた。2人とも大吉を引かないとだめだということで再チャレンジした結果が今回の結果だったのだ。

「もうこれでよくない?2人同時じゃなかったけど大吉をいちおう引いたということで」とマツコ。

「いいってこれで、大吉が出た瞬間のマツコの顔もなかなか良かったし。これでドラマ(BG)が頑張れると思う。今日引いた大吉のこともあるし」とキムタクも今回の結果に満足そうだ。

マツコとキムタクがメインとはいえ、おみくじをひたすら引くだけで番組にしてしまうあたり、今回のテレビ朝日の気迫はすごいと感じた。

1/15 日本テレビ「月曜から夜ふかし」(第382回)

今回は2018年の女子中高生のトレンド予測を紹介した。

まず、全アジアからイケメンを選出する中国の人気番組でイケメンすぎると話題になっている男の子2人組「英亜(えあ)くん・英蘭(えらん)くん」を紹介した。

「俺とどっこいどっこい違う?信五くんもそこそこやるよ」と自分と比較する村上。

その瞬間、村上の顔がドアップで映し出された。笑顔をつくる村上。

「あー、現代で受けない二重の形ねー」とまじまじと村上の顔を見て、けちをつけるマツコ。スタジオ爆笑。

「俺の二重はナチュラルやねんから」とマツコに言い返す村上。

「でもスタジオの人たちはあたしの言うことにみんなうんうんうなづいてたわよ」とマツコも、負けていない。...
全部読む

1/10 フジテレビ「ホンマでっか!?TV 2018年大予想&テレビ映え芸能人大集合SP」(第381回)
2018年に世界では一体何が起きるのか!?そして我々の生活にどのような影響が及ぶのかをさまざまなジャンルの評論家軍団が大予想した。

AIビジネス・藤野貴教(は「AIが膨大な過去のレースを学習して重賞レースの予想を的中させる率が向上するのでAIを使うといいという風になるかもしれないです」と予想した。

「でもさ、それをやりすぎると誰でも勝てちゃうわけじゃない。終わっちゃうよね。今、株もそうなっちゃうかもしれないって言われてるわよね。誰も損をしなくなり、でもその後はどうするのよ?」とマツコが突っ込んだ。

「でかい当たりを取るという意味ではまだまだ人間の方が優れていますが、できるだけ負けないという方法を取る時にAIは向いていますね。でも、ギャンブルとして面白いかというとまたそれは別の話です」と藤野。

「じゃあ、めったにはずれないAIがはずれる奇跡の万馬券狙いのとんでもない借金苦のギャンブル狂みたいのが出てきてしまうわけね」とマツコ。

これに対し「だけどもね、人間の頭脳を明らかに超えるAIが出てくるのは2030年頃って言われているんですよ。だから2030年頃になると明らかに社会が大きく変わる可能性がある」と環境評論家・武田邦彦は言った。...
全部読む

1/9 テレビ朝日「夜の巷を徘徊する」(第380回)
マツコが高校時代の同級生、木村拓哉と2度目の徘徊を行った。前回のおみくじでは凶を引いてしまった2人だが、はたして今回はどのような結果が出るのか。

「前に一緒に神社(浅草寺)に行った時に2人でおみくじを引いたら2人とも凶だったから、今回の巷は2人で大吉を出すまでおみくじを引くことにするっていう企画をマツコが出してくれたんだよね」とキムタク。これにうなづくマツコ。

豊川稲荷に到着し、いなり寿司を2人で食べながら「ちょっと身体がでかくなったわね」とキムタクの身体を触るマツコだった。

「依頼さえあれば個人的なところに出向いて警護するっていう民間の身辺警護のドラマやるんだよね」と新番組についてちらっと語るキムタク。...
全部読む

1/9 TBS「マツコの知らない世界SP」(第379回)
今回は90年代ロック界の頂点に上り詰め、今もなおトップを走り続けるビジュアル系バンドであるX-JAPANのYOSHIKIがゲスト。ガチでの対談は初めてだという。

東京ドームを18回ソールドアウトさせた男YOSHIKIの本名は林佳樹。千葉県館山市出身。誕生日11月20日。老舗呉服店の長男として誕生した。4歳からピアノを習い始めボーカルのTOSHIとは幼馴染で幼稚園すみれ組からの同級生。父が亡くなった時にロックバンド「キッス」を聞いてロックに目覚めたのだという。ドラムは小学校5年生から始めた。高校時代にXで生きていくことを決意。

YOSHIKIはTOSHIの洗脳騒動などについて語り、「音楽ビジネスっていうのはレコード会社が決めたもの。僕は芸術家になると決めた時に100年先も聴いてもらうものを作るのが僕たちの役目だと思っている。毎年アルバムを出すというのはかなりハードルが高い」と自分達のスタンスを飾りなく話してくれた。番組の途中でYOSHIKIが「マツコさんって面白い」と言ったのをマツコがとらえ、「みんな聞いたか?YOSHIKIがアタシのことを面白いって言ったぞ」と叫んでいたのが印象的だった。
マツコとYOSHIKIが初共演★幼少期、X JAPAN結成、解散、離別…そして(再生)

過去の記事
1 ... 6 7 8 . 20 30 40 . 83

「マツコ人気を追う」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.