テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【フィギュアスケート】

宇野昌磨ショート首位(12月24日)
12月23日、フィギュアスケート全日本選手権の男子シングルショートプログラムで、宇野昌磨は100.45点で首位、島田高志郎が87.69点で2位、山本草太が86.89点で3位、友野一希が85.43点で4位となった。

北京五輪銀メダリストの鍵山優真はケガ明けということもあり81.39点で6位だった。


全日本選手権女子シングルSP・坂本花織首位・三原舞依2位(12月23日)
12月22日、全日本選手権・女子シングルショートプログラムが行われた。

坂本花織が77.79点で首位、三原舞依が74.70点で2位につけた。

アイスダンス・リズムダンスは村元哉中と高橋大輔ペアが1位、2位が小松原美里と小松原尊ペア、3位が高橋ニコルとシャイロー・ジャドペア。

フィギュアペアの三浦璃来と木原龍一はカナダからの飛行機の遅延で大幅に遅れ、荷物のロストバゲージもあり、欠場することになった。


日本三冠・フィギュアスケートGPファイナル(12月12日)
イタリア・トリノで行われたフィギュアスケートグランプリファイナルで、日本勢がペア、男子シングル、女子シングルで優勝した。

10日、ペアでは三浦璃来・木原龍一のりくりゅうペアが合計で214.58点で優勝した。

11日、男子シングルで宇野昌磨が合計で304.46点で優勝した。山本草太が274.35点で2位。ショート3位だった三浦佳生は5位だった。

12日、女子シングルで三原舞依が合計208.17点で逆転優勝した。...
全部読む

(再生)
(再生)
(再生)


GPファイナル開幕・ショート・日本勢1、2、3位(12月9日)
日本時間12月9日、イタリア・トリノでフィギュアスケートグランプリファイナルが開幕した。

男子ショートプログラムで宇野昌磨が99.99点で1位、山本草太が94.86点で2位、三浦佳生が87.07点で3位となった。

ペアショートプログラムでは、三浦璃来・木原龍一のりくりゅうペアが78.08点で1位だった。


フィギュアスケート・三原舞依が逆転VでGPファイナル進出(11月28日)
11月26日、フィギュアスケートグランプリシリーズ第6戦のフィンランド大会、女子シングル後半のフリープログラムが行われた。

前半2位の三原舞手が逆転で優勝し、グランプリシリーズの大会で2連勝を果たした。女子シングル:優勝・三原舞依、2位・Lヘンドリクス、3位・河辺愛菜、4位・紀平梨花。

男子は佐藤駿が今季自己最高得点で2位、人類初の4回転アクセルに成功したマリニンが逆転優勝を果たした。男子結果:優勝・マリニン、3位・Kエイモズ、4位・壺井達也、11位・本田ルーカス剛史。

この結果、今年のグランプリファイナルの出場選手は、宇野昌磨、三浦佳生、山下草太、佐藤駿、坂本花織、三原舞依、渡辺倫果、三浦璃来/木原龍一に決定した。



過去の記事
1 ... 2 3 4 . 10 20 30 . 41

「フィギュアスケート」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.