テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【風の流れ】

韓国で抗議集会・日本の輸出規制に反発(7月21日)
日本政府が韓国に対する輸出規制を厳しくしたことを受けて、韓国の労働団体などが昨夜、ソウルにある日本大使館前で抗議集会を開いた。

集会は韓国の労働団体や農業団体などが呼びかけた。参加者は、日本政府は経済報復を撤回しろとか、太平洋戦争中の強制徴用について謝罪しろなどとシュプレヒコールを挙げ、日本政府に謝罪を求めた。

今月4日に日本政府が韓国への輸出規制を厳しくしてから2週間以上が経つが、韓国では日本製品の不買運動や抗議集会が一部で起きる一方、日韓の対立の長期化を心配する声も出ている。...
全部読む


英国・ホルムズ海峡周辺・近づかないよう勧告(7月20日)
イラン精鋭部隊のイラン革命防衛隊は19日、ペルシャ湾ホルムズ海峡で英国タンカーを国際的な航行規則に従わなかったとして拿捕した。

公共放送のBBCによると、英国政府は緊急会合を開き、英国の船舶に対し、当面ホルムズ海峡周辺に近づかないよう勧告した。

今回のイラン側の動きは、今月4日英国領ジブラルタル当局が、EU(ヨーロッパ連合)の制裁措置に反してシリアに原油を運ぼうとしたとしてイランのタンカーを拿捕したことへの対抗措置か。...
全部読む
イランが英タンカーを拿捕 ホルムズ海峡で報復か(19/07/20)(再生)


“有志連合”米国・会合開催へ(7月19日)
米国・トランプ政権はホルムズ海峡の安全確保に向けて同盟国などとの有志連合の結成を検討している。国務省は19日に各国の外交関係者を招き非公開の会合を開くことにしており、ワシントンの日本大使館の担当者も出席する予定である。

国務省は「地球規模の課題に対処し船舶の安全確保には多国間の努力が欠かせない」と声明を発表、有志連合の必要性を強調した。その上で「平和と安定を促進するため、集団的にどのように貢献できるか各国と協議する」としている。...
全部読む

米国務省 ホルムズ海峡巡り安全確保の新構想説明へ(19/07/18)(再生)


IAEA・天野事務局長・辞任を検討(7月18日)
核の番人とも呼ばれる、IAEA・国際原子力機関のトップ・天野之弥事務局長が、任期途中で辞任を検討していることが分かった。天野事務局長は、2009年にIAEAのトップに日本人としては初めて就任し、現在3期目で、任期は2021年までとなっている。

しかし、複数の外交筋によると、天野は去年から健康状態がすぐれず、たびたび日本に帰国していたことから、辞任の憶測も流れていた。
また、今月開催されたIAEAの特別理事会にも姿を見せなかった。...
全部読む



核軍縮・「賢人会議」来週・最後の会合・NPTの理念など確認へ(7月17日)
日本や米国やロシアなど10か国の核軍縮の専門家からなる賢人会議は核兵器を持つ国と持たない多くの国の対立を乗り越えて、核軍縮に向けた方策を検討するため、おととし11月に広島で初めて開かれた。

そして、今月22日からは東京の外務省で5回目となる最後の会合が河野外務大臣も出席して開かれる予定である。

会合では、5年に1度のNPT核拡散防止条約の再検討会議が来年4月に開かれることを踏まえて核軍縮の交渉を各国に義務付けているNPTの理念を維持していくことが重要だと確認するものとみられる。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 257

「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.