テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

ロシア海軍;プーチン大統領が観閲する前で潜水艦発射ミサイルの発射実験失敗【米・ロシアメディア】

今年8月初めに米ロの「中距離核戦力全廃条約(INF)」が失効して以来、米軍は地上発射型巡航ミサイルの発射実験、ロシアは潜水艦発射弾道ミサイル発射実験と、またぞろ米ロ間の軍拡競争が激化しつつある。そうした中、ロシア海軍が、定例の戦略兵器運用演習「グロム2019」実施の最中、ウラジーミル・プーチン大統領が衛星中継で観閲する眼前で、潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験に失敗するという失態を演じてしまった。

10月21日付米『ロイター通信』:「ベドモスチ紙;ロシアの原子力潜水艦が弾道ミサイル発射実験を失敗と報道」

ロシア語日刊紙『ベドモスチ』は10月21日、ロシアの原子力潜水艦が先週、ウラジーミル・プーチン大統領の眼前で潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験に失敗してしまったと報じた。

ロシア極東及び北極海周辺で10月15~17日に実施された定例演習の一環で行われた実験で、ロシア太平洋艦隊所属の原子力潜水艦K-44“リャザン”がオホーツク海で10月17日、2基のR-29R大陸間弾道ミサイルを発射する実験を試みたところ、1基は無事に発射できたものの後1基は不発となったという。...

全部読む

 

米メディアが伝えるロシアの報道規制法

ウクライナ問題を契機に、ロシアと欧米諸国との間では、制裁合戦が引きも切らない。欧米側からは、政府関係者らの渡航禁止、資産凍結、ロシア国営エネルギー会社など、への技術・サービスの提供禁止、更には対ロシア案件への融資禁止等が実施され、これに対抗してロシア側からは、制裁を科した欧米諸国からの農産物などの輸入禁止、あるいは制限などである。そしてこの程、プーチン大統領が10月に、新たにメディアの外資規制を強化することを決めたと米メディアが報じた。

11月8日付『エコノミスト』誌は、「プーチン大統領は先月、ロシア国内の報道機関の外資比率を20%以下に規制する法律に署名した。これによって、例えば、『ベドモスチ』(ビジネス日刊紙、米CIA、英MI6の支店と揶揄)オーナーの米ニュース・コープ、英ピアソン、フィンランド・サノマは、それぞれ持ち株の地元企業への売却を迫られることになるが、売値はかなり買い叩かれよう。買い手候補としては、国営エネルギー大手のガスプロム、もしくは、プーチン氏同盟者のユーリ・コバルチャック氏と言われている。...
全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.