テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

新型コロナ、気候変動への影響ほぼない、国連

国連の世界気象機関(WMO)によると、今年は新型コロナウィルスによる世界的ロックダウンの影響で、CO2排出量は減少すると期待されているが、大気中の温室効果ガスの上昇傾向は続いており、減少につながる程の効果は期待できないという。

11月23日付『ロイター通信』は「国連:新型コロナによるロックダウンにも関わらず、温室効果ガス上昇」との見出しで以下のように報道している。

温室効果ガスの濃度は昨年新記録に達し、今年は新型コロナウィルスによるロックダウンで排出量は減少するも、依然上昇を続けている。

多くの科学者は、年間炭素排出量は大きく減少すると期待する。今年はコロナの影響で飛行機も飛ばず、船も出港停止し、通勤者も減った。...

全部読む

 

プーチン大統領;盟友トランプ大統領の悪あがきを忖度してか、依然バイデン氏の当選を認めず【米・英国メディア】

既報どおり、世界の多くの首脳がジョー・バイデン民主党候補(77歳)の当選を祝福しているが、ドナルド・トランプ大統領(74歳)の盟友とされる、ロシア、ブラジル、北朝鮮等の首脳は事態を静観するばかりである。そうした中、ウラジーミル・プーチン大統領(68歳)が改めて、米国内の法的手続きが決着するか、あるいはどちらか一方が敗北宣言をしない限り、次期大統領と認めることはしないと断言した。

11月22日付米『ニューヨーク・ポスト』紙(『ロイター通信』配信):「プーチン大統領、米大統領選が最終決着する前にバイデン氏の当選を祝福する意向はないと断言」

ウラジーミル・プーチン大統領は11月22日、先の米大統領選に関し、米国内の法的手続き一切が終了するか、あるいはどちらか一方が敗北宣言をしない限り、次期大統領として認めることはないと表明した。

同大統領はロシア国営テレビのインタビューに答えて、“ロシアは、誰が大統領となっても米ロ間関係を継続していく”とした上で、“但し、一方の政党が他方の勝利を認めるか、あるいは米国内の法的手続き一切が終了して勝利者が確定するまで、いずれの候補者にも祝意を述べるつもりはない”と断言した。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.