テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

米・英・ロシアメディア;世界各国の汚職状況は改善?

大掛かりな個人・組織の汚職スキャンダルとしては、会長をも巻き込んだ国際サッカー連盟(FIFA)の注目度が著しく、また、ロシア陸上連盟の組織的ドーピング疑惑が、国際陸上競技連盟(IAAF)及び国際オリンピック委員会(IOC)にも波及するおそれがあり、スポーツ興行界は大変なことになっていると以前報じた。では、国別の汚職状況はどうなっているのか、この程非政府組織「トランスペアレンシー・インターナショナル」(TI、注後記)が発表した、2015年の汚職指数ランキング(100点満点で採点)で明らかにされた。それによると、対象168ヵ国・地域の3分の2は以前50点以下であるが、64ヵ国が得点を増やし、評価を下げた53ヵ国を上回っていることから、汚職状況は改善しつつあると各国メディアが伝えた。

1月27日付米『ABCニュース』『AP通信』記事引用)は、「汚職度、デンマークが最良で北朝鮮・ソマリアが最低」との見出しで、次のように報じた。
「・非政府組織TIは1月27日、“汚職指数ランキング2015”を公表。
・トップは91点獲得のデンマークで、2年連続の首位(その前2年間は首位タイ)。  
・2位以下は、フィンランド(90点)、スウェーデン(89点)、ニュージーランド(88点)、オランダ・ノルウェー(87点)、スイス(86点)、シンガポール(85点)、カナダ(83点)、ドイツ・ルクセンブルク・英国(81点)。...
全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.