テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

西インド洋モーリシャス沿岸の大型鉱石運搬船座礁事故のその後(2)【米・フランスメディア】

8月15日付GLOBALi「西インド洋モーリシャス沿岸の大型鉱石運搬船座礁事故のその後」で報じたとおり、欧米メディアは、関係国際条約に基づき、本船船主である岡山県の長鋪汽船が損害賠償責任を負うと報じている。その後、日本政府も、海洋汚染による生態系への影響の深刻化もあって、9月1日、国際緊急援助隊の3次隊として、マングローブ、サンゴ、鳥類の専門家3人を現地に追加派遣することを決めている。そうした中、座礁船の空艀撤去のために曳航していたタグボートが沈没し、乗組員3人が犠牲となる死亡事故が発生してしまった。

9月2日付米『ABCニュース』『AP通信』配信):「モーリシャス沖の座礁船の解体作業に当たっていたタグボートが沈没し3人が犠牲に」

モーリシャスの警察は9月1日、同国沖で座礁した大型貨物船の解体の一環で、同船の空艀を撤去し曳航していたタグボートが、折からの高波に遭い、沈没する事故が発生したと発表した。

同署のジョーダン・ジェイソン・スナジー警察官によると、少なくとも3人のタグボート乗組員が死亡し、1人が行方不明、そして4人は救助されたという。...

全部読む

 

南シナ海をめぐる近況【米メディア】

既報どおり、中国側が南シナ海における領有権主張を既成事実化しようとしているのに対して、東南アジア諸国(ASEAN)も期待しているはずだとの思い込みを胸に、米軍が同海域での中国牽制に拍車をかけている。直近の状況は以下のとおりである。

8月24日付『ABCニュース』『AP通信』配信):「南シナ海をめぐる近況」

<中国軍、再び軍事演習>

中国海事局(1998年設立)は先週(8月17日の週)、8月24~30日の間、南シナ海において軍事演習を行うので、航行船舶に対して、当該海域から5海里(約9.26キロメートル)以内に進入しないよう警告を発した。

中国は先月末にも、同海域で長距離戦略爆撃機等を含めた軍事演習を実施している。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.