テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

プーチン大統領;トランプ大統領の中距離核戦力全廃条約離脱発言を捉えて、訪ロ中の大統領補佐官に“米国は平和志向を止めたのか”ときついジョーク【米・ロシアメディア】

既報どおり、ドナルド・トランプ大統領は10月19日、米国が旧ソ連と1987年に締結した「中距離核戦力全廃条約(INF、注後記)」からの離脱を表明した。これに対してウラジーミル・プーチン大統領は10月23日、訪ロ中のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談した際、“平和への願い”が込められているとされる、米国の国章を引き合いに出し、米国は平和志向を止めたのかと、きついジョークを浴びせた。

10月23日付米『ニューヨーク・ポスト』紙:「ウラジーミル・プーチン大統領、ジョン・ボルトン大統領補佐官との会談の際、米国章の鷲を引き合いに出してきついジョークを浴びせる」

  ウラジーミル・プーチン大統領は10月23日、訪ロ中のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談した際、近頃の米国は好戦的だと皮肉を吐いた。

  ロシアの『ロシア・トゥデイ』ニュース報道によると、同大統領は米国の国章に描かれた鷲が13本の矢(戦争の象徴)と13枚のオリーブ葉(平和の象徴)をそれぞれの足で掴んでいることを引き合いに出して、“平和志向だった鷲はもうオリーブ葉を全て食べてしまったのか”ときついジョークを浴びせたという。...

全部読む

 

トランプ派の共和党上院議員が訪ロの上、ロシア議員団の訪米を画策【米・ロシアメディア】

8月5日付Globali「ロシア政府;米アクション俳優を米ロ間人的・文化交流促進のための特使に任命」で報じたとおり、目下の米ロ関係は、トランプ・プーチン両大統領の個人的な友好関係を除いて、ギクシャクしたままである。そこで、トランプ大統領の進言する、プーチン大統領の訪米のための露払いとするためか、トランプ派の共和党上院議員が訪ロの上、ロシア議員団をまず訪米させるべく画策している。

8月8日付米『AP通信』:「ランド・ポール共和党上院議員、ロシア議員団を首都ワシントンに招待」

  訪ロ中のランド・ポール共和党上院議員(55歳、ケンタッキー州選出)は8月6日、モスクワでのロシア議会議員との会談で、ロシア議員団を首都ワシントンに招待したと発表した。

  ロシア上院外交委員会と会談した際に進言したもので、同議員によると、目下の米ロ間の“最大の問題は対話がないこと”だと説明し、ロシア側も同意したという。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.