テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

米カリフォルニア州議会、日系人強制収容の謝罪決議を可決

米カリフォルニア州議会下院は20日、太平洋戦争中に日系人が敵国からの移民とみなされ、同州など西海岸を中心に約12万人が強制収容所に連行されたことについて、公民権や自由を擁護できなかったとして公式に謝罪する決議案を満場一致で可決した。

『AP通信』や米『CBSニュース』、英『ガーディアン』などが報じた。今後、上院も同様の決議案を審議する予定で、これが可決されれば、ギャビン・ニューサム州知事の署名を待つこととなる。同州では金銭的な補償を行う予定はないという。

前日の2月19日、ニューサム知事は、1942年にフランクリン・ルーズベルト大統領が、日系人を米国西海岸やアーカンソー州など10カ所の収容所に連行する根拠となった大統領令に署名した同日を、日系人強制収容の追憶の日と宣言した。...

全部読む

 

環境にやさしい人間の堆肥化

土葬が主流のアメリカで、環境にやさしい新たな埋葬方法として昨年、遺体を有機還元する堆肥化が合法となった。実証試験では、遺体を4~6週間で手押し車2台分の土に変える事が出来たという。一方、火葬は大量の二酸化炭素を排出する。今後堆肥化が埋葬の新たな選択肢となるのだろうか。

2月16日付英国『ガーディアン』は「人間堆肥が未来の死後ケアに」との見出しで以下のように報道している。

堆肥処理は、バナナの皮や珈琲豆のかすには最適とされるが、人の堆肥など環境に優しい死後ケアの選択肢が今模索されている。米国科学振興協会(AAAS)の会議で、ワシントン州立大学の土壌学と持続的農業学のリン・カーペンター・ボッグス教授は、「死は大きく環境に影響を与えるものではないが、別の新たな選択肢も模索する事が可能だ。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.